君津市のお寺にて、倒木が危惧される杉の伐採

  • 2021年4月29日
  • 2022年10月18日
  • 伐採事例
  • 29View
  • 0件

君津市のお寺にて、杉2本の伐採。一昨年の台風15号で、周辺の杉がかなり倒木被害にあわれたそうで、倒木を心配されてのご依頼でした。

杉の周囲には、石灯籠、石彫刻、石柱、植木などがあり、作業スペースがわずかしかありません。そのまま倒す事も、枝を吊って根元に下ろす事も困難な状況でした。

そこで、1本目の杉は、スピードラインで作業しやすい場所に枝を流してから断幹していきました。2本目の杉は、1本目を伐採後に出来たスペースに、枝を落としてから断幹していきました。

【杉2本伐採前】
杉 特殊伐採

【スピードラインで、作業しやすいスペースに枝を流します】
スピードライン

【樹上からの眺め、のどかで落ち着きます】
君津市 特伐

【スピードラインで枝落とし、断幹の途中で、1日目の作業終了】

【2日目作業は、1本目の杉の断幹から】

【断幹のセッティング中】
杉 伐採作業

【2本目の杉の梢を共吊りにて落とします】
共吊り 特殊伐採

【2本目の杉、断幹作業中】

【3日目は、2日目の続きで、2本目の断幹作業です】

【断幹作業中】

【断幹作業もあと少し】

【伐採作業終了。日当たりも良くなり、スッキリしました】

【樹齢53年位の杉でした】

最新情報をチェックしよう!